【Ver.1.0.50】商品編集(個別)の在庫戻しフラグを変更できない不具合を修正しました

商品一括エディタをご利用いただきありがとうございます。

商品一括エディタを11月10日に更新いたしました。バージョンは1.0.49になりました。
今回の更新は以下の通りです。

・商品編集(個別)の在庫戻しフラグを変更できない不具合を修正しました。

【変更前】
商品編集(個別)の在庫設定から在庫戻しフラグを「使用しない」に変更できない。

【変更後】
在庫戻しフラグを「使用しない」に変更できるように修正しました。

商品一括編集機能にも「在庫戻しフラグ」の項目がありますが、
一括編集時の動作は問題は無く、個別編集時にだけ発生していました。
修正箇所は下記の図赤枠の部分となります。

1.0.50

【Ver.1.0.49】表示価格を販売価格にコピーする機能をリリースしました

商品一括エディタをご利用いただきありがとうございます。

商品一括エディタを11月10日に更新いたしました。バージョンは1.0.49になりました。
今回の更新は以下の通りです。

・表示価格を販売価格にコピーする機能をリリースしました。

上部メニュー「編集>商品一括編集>商品基本情報>表示価格」
「販売価格に全文置換え」から設定可能です。
1.0.49

【Ver.1.0.48】コピーして新規商品作成(複数)機能の並び順を変更しました

商品一括エディタをご利用いただきありがとうございます。

商品一括エディタを11月9日に更新いたしました。バージョンは1.0.48になりました。
今回の更新は以下の通りです。

・コピーして新規商品作成(複数)機能の並び順を変更しました。

【変更前】
コピー後に作成される商品が商品管理番号の降順に並んでいた。

【変更後】
商品管理番号の昇順に並ぶように修正しました。

下記の図赤枠の部分から複数のコピー商品を作成します。
1.0.48_1

修正箇所は下記の図赤枠の部分となります。
作成されたコピー商品の並び順を商品管理番号の昇順に変更しました。
1.0.48_2

【Ver.1.0.47】複数のコピーページを作成する機能をリリースしました

商品一括エディタをご利用いただきありがとうございます。

商品一括エディタを11月9日に更新いたしました。バージョンは1.0.47になりました。
今回の更新は以下の通りです。

・複数のコピーページを作成する機能をリリースしました。

・規商品を作成する際に複数の商品コピーを作成します。
商品一覧右クリック>コピーして新規商品作成(複数)から利用できます。

下記の図赤枠の部分となります。
1.0.48_1

【Ver.1.0.46】商品データ自動取得機能をリリースしました

商品一括エディタをご利用いただきありがとうございます。

商品一括エディタを11月4日に更新いたしました。バージョンは1.0.46になりました。
今回の更新は以下の通りです。

・商品データ自動取得機能をリリースしました。
以下の手順でご利用下さい。

・RMSからCSVをダウンローする。
・楽天からダウンロード完了通知のメールが届いたのを確認する。
・ファイル>読み込み>通常>最新データ自動取得から、
商品、項目選択肢、カテゴリのボタンをクリックして読み込みます。

楽天 RMS Servuce Square から無料トライアルを申し込む

商品一括エディタ for 楽天市場 お問い合わせ窓口

お問い合わせフォーム

グリニッジ株式会社
0120-030-663

editor@greenwich.co.jp