×

スーパーSALE時の倉庫の出し入れ、全て自動化可能になりました!


cardboard box on white wooden shelf

何かと、準備が大変なスーパーSALE。

少しでも、手間を減らしていただけるよう商品一括エディタfor楽天市場では、スーパーSALE前後の倉庫の指定や、スーパーSALE出品商品の販売期間の設定が、すべて予約設定できるようになりました。

通常、スーパーSALEへの出品をコピー商品を作って行う場合、以下のような倉庫や販売期間の指定が必要になります。

 

————————————————————————————————————————

通常商品の倉庫にしまう

(倉庫にしまわないと、間違って通常商品を買ってしまうお客様が出てしまいます)

スーパーSALE出品商品の販売期間の指定

通常商品を倉庫から出す

スーパーSALE出品商品をセール後に、倉庫にしまう

(倉庫にしまわないと、セール価格を見てしまうと、次のセール待ちになってしまうかもしれません)

————————————————————————————————————————

 

倉庫や販売期間の指定だけでもかなり手順が多いですよね?

商品一括エディタでは、今回、この設定を簡単にしかも、一度で設定する機能を追加いたしました。

特にセール後の対応は、すぐにできなかったり、遅れてしまいがちです。

今回の機能追加で、セール後は、何もしなくても通常商品の販売に戻すことができます。

進化した商品一括エディタfor楽天市場を、是非ご利用ください!

 

スーパーSALE商品を、SALE終了後、自動で倉庫に戻せます!

スーパーSALE商品を作成・出品したのち、SALEが終了したら自動的にスーパーSALE商品のみ倉庫に戻す機能を追加しました。

らくらく>スーパーSALE商品作成

よりスーパーSALE商品作成を行います。

rakuraku

スーパーSALE商品の作成が完了しましたら、そのまま反映します。

check

反映画面にて、

「スーパーSALE商品をスーパーSALE終了後倉庫に入れる。」

にチェックをいれて「RMS反映」を行います。

 

◎「通常商品をスーパーSALE中倉庫に入れ、終了後倉庫から出す。」と合わせてチェックを入れることで、スーパーSALE前後の倉庫の出し入れの予約ができますので、手間のかかる倉庫の出し入れが、全て自動的に完了します!

 

予約の変更も簡単!

倉庫出し入れの予約をした後に、スーパーSALEの日にちが延期されることがあります。

そんな時は予約の変更を行いましょう。

 

ファイル>RMS反映ログ>APIログから「RMS反映ログリスト」を出す

change

変更したい予約の変更ボタンをクリックします。

 

storage

変更したい予約日時を入力して保存ボタンをクリックします。

 

completion

予約日時が変更されました。

以上で予約変更が完了になります。

 

手間を削減して、スーパーSALEを最大限に活用していきましょう!

スーパーSALE商品作成機能のより詳細なマニュアルをご用意しております。

https://editor.greenwich.co.jp/webmanuals/super-1-1

ご不明点、ご要望などございましたら、お気軽に弊社宛てにご連絡ください。

【0120-030-663 10:00~17:00/土日祝を除く】

今後も店舗運営者様にとって便利な機能を続々と追加予定です。

現在最大2ヶ月の無料トライアルを実施中ですので、ぜひこの機会に商品一括エディタをつかって楽天スーパーSALEに挑んでみてください!

 


楽天 RMS Service Square から無料トライアルを申し込む

商品一括エディタ for 楽天市場 お問い合わせ窓口

お問い合わせフォーム

グリニッジ株式会社
0120-030-663

editor@greenwich.co.jp