×

4-1.納期情報の設定をする(APIモード)


この章ではAPIモードで商品に納期管理番号を設定する手順についてご説明します。
商品には在庫タイプによって以下の2種類があり、それぞれ設定方法が異なります。
・通常在庫設定
・項目選択肢別

 

RMSの納期情報設定を確認する

まずはRMSにログインし、納期情報設定から今回設定する納期管理番号を調べます。

RMSトップ(メインメニュー)>店舗設定>4 基本情報設定>「納期情報設定」をクリックします。
2-1-1
上の画面の赤枠で囲まれた中から指定する納期管理番号を決定します。

ここからは、商品一括エディタを使って一括編集をしていきます。
初期設定をまだされていない方は、クイックスタートマニュアルの「初期設定」
https://editor.greenwich.co.jp/webmanuals/webmanualcat/quick-start-2
をご参照ください。

※APIモードで反映の場合、在庫数にも更新がかかるため
販売中の商品が反映時に売れた場合は、在庫数のずれが生じる場合がございます。

 

 

通常在庫設定の納期管理番号を設定する

商品の在庫タイプが「通常在庫設定」に設定されている商品の納期管理番号を設定します。

検索>商品検索から検索画面を開きます。

2-1-2

検索項目から在庫タイプの「通常在庫設定」を選択し「商品検索」ボタンをクリックします。

2-1-3

検索結果一覧が表示されます。

商品一覧右上から「全選択」ボタンをクリックし、編集対象の商品を決定します。

2-1-4

商品が選択されると青いハイライトがかかります。

編集>商品一括編集をクリックします。

2-1-5

商品一括編集画面の在庫タイプのフォルダから「在庫あり時納期管理番号」、「在庫切れ時納期管理番号」を選択します。

2-1-6

以下を入力して下さい。
1.「在庫あり時納期管理番号」、「在庫切れ時納期管理番号」のフィールドに納期管理番号を入力します。
2.「変更」のラジオボタンを選択します。

2-1-7
最後に「変更」ボタンをクリックしますと、一括編集が完了となります。

RMSに反映します。商品一覧右上から「全選択」ボタンをクリックし、
商品一覧上メニューからファイル>RMS反映>商品(APIモード)をクリックします。
2-1-8

反映項目の選択画面が表示されますので、
「全て外す」ボタンをクリックし、「在庫あり時納期管理番号」「在庫切れ時納期管理番号」のチェックをいれます。
※同時に更新が必要な項目にも自動でチェックが入ります。
2-1-9
「OK」ボタンをクリックし、最後に「RMS反映」ボタンをクリックし完了となります。

 

項目選択肢別在庫の納期管理番号を設定する


商品の在庫タイプが「項目選択肢別」に設定されている商品の納期管理番号を設定します。

検索>商品検索 から検索画面を開きます。

2-1-10
 

検索画面が開きましたら、検索項目から在庫タイプの「項目選択肢別」を選択し、「商品検索」ボタンをクリックします。

2-1-11

検索結果一覧が表示されます。

商品一覧右上から編集>項目選択肢別一括編集をクリックします。
2-1-12


項目選択肢別在庫一括編集画面が表示されますので、
以下を入力して下さい。
1.「在庫あり時納期管理番号」、「在庫切れ時納期管理番号」のフィールドに納期管理番号を入力します。
2.「変更」のラジオボタンを選択します。

2-1-13
最後に画面下の「変更」ボタンをクリックします。

RMSに反映します。商品一覧右上から「全選択」ボタンをクリックし、
商品一覧上メニューからファイル>RMS反映>項目選択肢別在庫をクリックします。
2-1-14
2-1-15

確認画面が表示されますので「はい」ボタンをクリックします。

以上で、納期情報の設定が完了となります。


楽天 RMS Service Square から無料トライアルを申し込む

商品一括エディタ for 楽天市場 お問い合わせ窓口

お問い合わせフォーム

グリニッジ株式会社
0120-030-663

editor@greenwich.co.jp