×

12-12. クラウドバックアップ


クラウドバックアップ機能を使えば、作業内容の続きを共有することができるようになります。

クラウドバックアップには2種類のタイプがあります。

以下のようなケースでお使い下さい。

共通タイプ:店舗URL毎に1つの共通バックアップを作成することができます。

      全てのユーザーが削除することができます。

個別タイプ:作業担当者単位で合計5つ作成することができます。

      作成したユーザーのみが編集、削除することができます。

 

■ケース1(個別タイプ)

会社のパソコンで編集された内容の続きを自宅で編集される場合。

■ケース2(共通タイプ)

Aさんが編集した内容の続きをBさんが編集する場合。

<手順>

Aさんがクラウドバック機能から「登録」をおこなう。

Bさんがクラウドバック機能から「読み込み」をおこなう。

Aさんの作業内容の続きからBさんは編集開始となります。

12-12-1

「ファイル」>「クラウドバックアップ」を選択します。

以下のように、クラウドバックアップが表示されます。

12-12-2

12-12-3

読み込みしたいデータを選択し、「読み込み」ボタンをクリックします。

12-12-4

確認メッセージが表示されますので、「はい」ボタンをクリックします。

12-12-5

選択したデータが読み込まれましたので、「OK」をクリックします。

12-12-6

編集したデータの登録を行う場合、「共有登録」もしくは「個別登録」ボタンをクリックします。

12-12-7

バックアップ名を入力し、「保存」ボタンをクリックします。

12-12-8

確認メッセージが表示されますので、「はい」ボタンをクリックします。

12-12-9

確認メッセージが表示されますので、「OK」ボタンをクリックします。

12-12-10

クラウドバックアップの登録がされました。

バックアップを削除する場合は、

12-12-11

削除したいデータを選択して「削除」ボタンをクリックします。

12-12-12

確認メッセージが表示されますので、「はい」ボタンをクリックします。

12-12-13

確認メッセージが表示されますので、「OK」ボタンをクリックします。

12-12-14

削除されました。

他ユーザーが作成した個別タイプのバックアップデータは削除することが出来ません。

12-12-15


楽天 RMS Service Square から無料トライアルを申し込む

商品一括エディタ for 楽天市場 お問い合わせ窓口

お問い合わせフォーム

グリニッジ株式会社
0120-030-663

editor@greenwich.co.jp