×

8-11.項目選択肢一括編集(APIモード)


すでに登録されている項目選択肢に対しての一括編集機能です。
※ゴールドプランでご利用が出来ます。
8-11-1
項目選択肢を編集したい商品データを、右側の項目選択肢のプレビューで右クリックし、

「表示」を選択すると中身の確認ができます。
8-11-2

8-11-3

項目選択肢表示がされました。

項目選択肢一括編集は、項目選択肢一括編集画面から行います。
8-11-4
項目選択肢を編集したい商品データを選択し、「編集」>「項目選択肢一括編集」を選択します。
8-11-5
項目選択肢一括編集画面が開きます。

8-11-6
編集したいフィールドだけを表示し、ほかのフィールドは×で閉じます。
編集内容を設定し「変更」ボタンをクリックします。

8-11-7     
確認メッセージが表示されますので、「はい」ボタンをクリックします。

8-11-8
項目選択肢が編集され、太字の状態になりました。
※「抽出」>「RMS未反映」>「項目選択肢」から編集された項目選択肢が抽出されます。

次にRMS反映を行います。「ファイル」>「RMS反映」> 「項目選択肢」を選択します。
8-11-9

 8-11-10
確認メッセージが表示されますので、「はい」ボタンをクリックします。

 8-11-11
※必ず前回のRMS反映が、実際の楽天ページで反映されている事を確認してください。
更新は通常1分~10分ですが、データ量に応じて30分以上かかる場合もあります。

8-11-12
8-11-13

項目選択肢データの反映がされ、太字の表示がなくなりました。

 8-11-14
項目選択肢表示をすると、反映が確認できました。

 

 

部分一致した項目選択肢を削除する

 

項目選択肢の項目名より、部分一致した項目選択肢の削除が行えます。
8-11-15
右上の「全選択」ボタンをクリックし、「編集」 > 「項目選択肢一括編集」 を選択します。


8-11-16
項目選択肢一括編集画面が開きます。

 項目名に削除したい文言を入力し、「部分一致した項目選択肢を削除」のラジオボタンにチェックを入れ、「変更」ボタンをクリックします。

8-11-17
確認メッセージが表示されますので、「はい」ボタンをクリックします。

8-11-18
データが更新され、項目名に「お買いものレビュー」を含む項目選択肢がグレー表示となり、削除状態になりました。

次に項目選択肢の未反映抽出を行います。

「抽出」 > 「RMS未反映」 > 「項目選択肢」を選択します。

8-11-19

RMS未反映抽出の項目選択肢データが抽出されますので、RMS反映を行います。

「ファイル」>「RMS反映」> 「項目選択肢」を選択します。

8-11-20

8-11-21
 確認メッセージが表示されますので、「はい」ボタンをクリックします。

 8-11-22
※必ず前回のRMS反映が、実際の楽天ページで反映されている事を確認してください。
更新は通常1分~10分ですが、データ量に応じて30分以上かかる場合もあります。

8-11-23
項目選択肢データの削除が反映されました。


楽天 RMS Service Square から無料トライアルを申し込む

商品一括エディタ for 楽天市場 お問い合わせ窓口

お問い合わせフォーム

グリニッジ株式会社
0120-030-663

editor@greenwich.co.jp